ひま子の不登校卒業日記。

私が不登校を卒業した話をします。

よかったこと。

学校を休んで1週間。担任に保健室登校を勧められた。1人で学校に行くのはもう怖いから、みんなが授業中の朝9時に裏門を回って保健室へ入った。 保健室といっても、保健室の横に別室がある。この学校は不登校に慣れているのか。不登校専用の牢屋のようなもの…

ぷつり

まあ、あのままだったら普通に学校も行っていたし、こんなことにはなってなかった。とりあえず、こんなに性格はひねくれなかったと思う。 私はヲタグループについていくのが疲れた。アニソンはなんだか意味がわからないし、当時、椎名林檎が大好きだった。 …

スタート

遅くなりました。 いや、学校から帰ったら眠気が襲ってきて、ベッドに座ったらもう終わり。4時なのに寝てしまう。眠気と疲れがじわじわ出てきて、もう終わり。 いや、今日はこの後塾に行きます。大丈夫。起きてます。 では、続きを書きます。 なんか書いてる…

きっかけ。

学校が終わって土曜日。午前はたっぷり寝て、午後は友達と外出。眠れないから汚部屋をあさって昔の日記を発見した。 懐かしいなあ。12歳かあ。 よく見ると、不登校になった13歳の日記もある。巻末は遺書になっている。 そんなこともあったっけなあ。今はこん…